もし火災に遭遇したら?消火器の種類と使い方

火災の種類

火災は大きく分けて、5つの種別に分けられます。
火災の種別によって、消火方法は変わり、使用可能な消火器の種類も変わってきます。

火災の区分

金属火災は、通常の消火器では消火することが出来ません。
下手に注水などを行うと、爆発などの危険があり、大火災に発展する可能性もありますので注意が必要です。
また、ガス火災の場合も爆発の危険があるため、下手な消火活動は命取りです。
ガス火災の場合は、その状況により消火方法が異なりますので、ここでは一旦除外します。
まずは、一般的なA・B・C火災の特性から見ていきましょう。

一般可燃物が燃焼するA火災(普通火災)

一般可燃物とは、木材や紙類、繊維、ゴム製品などを指します。
このA火災(普通火災)では、水や強化液、泡系の消火薬剤や、粉末系の消火薬剤が使用可能です。ガス系の薬剤を使用している消火器は、この火災では使用出来ません
消火器の適応マークでは、白色のマークが入った消火器がこれにあたります。

普通火災の対象と使用可能な消火器

油が燃焼するB火災(油火災)

B火災(油火災)は、天ぷら油などの食用油や、ガソリン・灯油などの燃料、アルコール類などが燃焼する火災です。
普通の水消火器は使用出来ず、粉末系や霧状の強化液、泡系、二酸化炭素ガスの薬剤が入っている消火器が適応します。
消火器の適応マークは、黄色のマーク。
この火災では、窒息消火や抑制消火の原理を用いて消火します。

油火災の対象と使用可能な消火器

電気設備によるC火災(電気火災)

通電中のコンセントや電線、変圧器などが原因で起こる火災がC火災(電気火災)です。
霧状の水や霧状の強化液、粉末系、二酸化炭素ガスの薬剤が入っている消火器で消火にあたります。
棒状の水や棒状の強化液、泡系の消火薬剤が入った消火器は感電の恐れがある為、使用出来ません。
C火災に適応している消火器には青色のマークが入っています。

電気火災の対象と使用可能な消火器

また、火災時の着火物によって、その火災種別に対応している消火器でも、非常によく消火ができるものや、完全には消火できないものの抑制効果があるものなど、その効果は様々です。
下記に着火物ごとの適応表を用意したのでご覧ください。

着火物ごとの消火器適応表

消火器の種類

ABC粉末消火器、強化液消火器

粉末消火器、強化液消火器イメージ

ほとんどの火災に対応出来るABC粉末タイプと強化液タイプの消火器。
普及率も高く、ほとんどの場所に設置されています。
特に強化液のタイプは、アルコール類の火災と金属などの特殊火災以外の火災で使用可能な万能型です。
ボディ本体は、昔ながらのスチール製や、軽量化されたスレンレス製、アルミ製など様々な素材で製造されています。

A火災のうち、木・紙繊維類・布団類、B火災のうちの天ぷら油火災には、特に強化液はその消火能力を発揮します。
一方、粉末型の消火器は、ガソリンなどの引火性油類に強く、また強化液では消せないアルコール火災にも使用が可能です。
どちらも得意・不得意があるので、併用するのがベスト。

デメリットは、放射後の後処理が大変な点。
特に粉末型はそこら中にピンク色の粉が飛散するので、かなり清掃が大変です。
使用後の後処理等を考えると、強化液の方は比較的楽ですが、価格的には粉末型よりも若干高くなります。

水消火器、機械泡消火器

水消火器、機械泡消火器イメージ

特定の着火物に特化した消火器。
水(ピュアウォーター)消火器は木、紙、布団などに強く、さらに電気火災に対応。
機械泡消火器は、ガソリンなどの引火性油火災に特に効果を発揮します。

ただし水消火器は、油火災(B火災)では炎を拡大してしまう恐れがあるため使用出来ず、機械泡は感電の恐れがあるため、電気火災(C火災)では使用できません

ガス系消火器

二酸化炭素消火器、ハロゲン化物消火器イメージ

ガス系消火器は、その名の通り消火薬剤にガスを利用した窒息効果で消火する消火器です。
粉末消火器などでは入り込みにくい細部まで消火が可能な上、電気の絶縁性に優れているため、電気火災に強く、また金属や電気機器などと化学反応を起こしにくい性質のため、精密機械の多い通信機室や美術館に多く普及しています。

さらにガス系薬剤は、放出後気化するので、消火後の汚染は少ないといったメリットがありますが、一方で人体に有害なガスでもあるため、使用時には酸欠などの注意が必要です。
酸欠防止のため、原則地下街などには設置できません。

ガス系消火器には、緑と赤で色分けされた「二酸化炭素ガス消火器」と、グレーと赤で色分けされた「ハロゲン化物消火器」の二種類がありますが、従来から広く消火剤として使用されてきたハロン1301、1211及び2402については、オゾン層破壊のため1994年から新規の生産が出来なくなっています。

金属火災用消火器

金属火災用消火器イメージ

本体のカラーが黄色の金属火災に特化した消火器は、通常の消火器では対応できないリチウムやナトリウム等アルカリ金属による火災にも、使用が可能な特殊消火器です。

可燃性の金属粉や金属片による金属火災は燃焼熱が高く、金属種によっては水や消火薬剤と反応し、火災が拡大する危険性があります。

金属火災用の消火器では、窒息作用と冷却作用をもたらす特殊な薬剤で、このような金属火災でも消火が可能です。

住宅用消火器(家庭用消火器)

住宅用消火器イメージ

住宅用消火器は主に家庭で発生する「普通火災」、「天ぷら油火災」、「電気火災」、「ストーブ火災」などに適応した、やや小型の消火器です。

近年では酢から作られた身体に優しい中性薬剤を使用した消火器や、インテリアにも合う様々なカラーの消火器が、各メーカーより販売されています。

万一に備え、必ず自宅にも一本住宅用の消火器を用意しておくことをオススメします。
また、住宅用消火器の保証期間は大体5年〜10年なので、用意したら小まめに点検するのを忘れないようにしましょう。

消火器の使い方

最後に、消火器の使い方を覚えておきましょう。
イザという時に、使えないのでは元も子もありません。

消火器の使い方

消火器の使い方は簡単な3ステップです。

①安全ピン(黄色の一番上についているピン)を上に引き抜く。
②ホースの先端を持ち先端を火元に向ける。
③レバーを強く握り噴射。(※消火器が重い場合、消火器を置いたままレバーを握って放射する方法もあります。)

消火のポイント

消火器を使用する際は、火の根元をねらい、手前からホウキで掃くように薬剤を放射していきます。
自分の身を守りつつ効果的に放射するために、放射する際は、風上から行うようにしましょう。
室内で放射する場合は、出入り口を背にして逃げ道を確保しておきます。

万一の際は、消火器で初期消火を

消火器を使用した火災における、初期消火の成功率は70%を越えるなど、その有効性が証明されています。
万が一、自宅などで火災になってしまったら、消火器で初期消火を行い、被害を最小限に抑えられるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です