火災の時によく言われる「フラッシュオーバー」や「バックドラフト」の違いとは?

火災のニュースなどを見ていると、時折「フラッシュオーバー」や「バックドラフト」といった用語を耳にします。
フラッシュオーバーもバックドラフトも、火災現場で発生する急激な燃焼を伴う現象ですが、一体何が違うのでしょうか。
図説を交えて説明していきたいと思います。

フラッシュオーバーってなに?

フラッシュオーバーは、火災の時にその火が一気に燃え広がる現象の事を言います。
火災と言うと、火元から徐々に可燃物へ引火し、徐々に燃え広がっていくイメージを持つ人は多いかと思いますが、実際の火災では引火しなくても、火元から離れた場所がいきなり発火することがあります。

その原因は、熱と煙。

火災が起こると、現場は高温の熱にさらされ続けます。
可燃性のモノは火種が無くても、ある一定の温度に達すると発火します。
火災の時に発生する煙には、可燃性ガスが含まれており、このガスや現場内の可燃性物質が、熱の影響で発火することで、一気に火が燃え広がります。
これがフラッシュオーバーと呼ばれる現象です。

フラッシュオーバーの注意点

フラッシュオーバーは、煙の流れに沿って発生します。
煙は、より高いところへ向かうので、例えばビルの1階部分で火災が発生した場合でも、2階・3階へと煙が充満していきます。
そして、発火点に達した煙や可燃性物質が一気に燃え広がり、上階全体で火災が起こります。フラッシュオーバーが起きる場合、煙が行きやすい高層階の天井付近が最も危険です。

バックドラフトってなに?

一方、バックドラフトは、気密性の高い火災現場で窓が割れたり、ドアを開けたりすることで、急激に酸素が供給され発生する爆発現象のことを指します。

室内などの密閉された空間で火災が発生し、室内の酸素を燃やし尽くすと、炎の勢いが衰え、消えたような状態になりますが、室内はまだ高温で、可燃性のガスが充満している場合があります。

このような状態の時、窓が割れたりすることで外の酸素が一気に入ってくると、爆発的な燃焼のバックドラフト現象が起こり、炎が一気に噴き出す恐れがあります。
火災の起きた場合、上記のフラッシュオーバー同様、気を付けなければならない現象です。

フラッシュオーバーを防ぐ

フラッシュオーバーを防ぐためには以下の3つが重要となります。

・天井を不燃性のモノにする

天井に木材などの可燃性物質を使用している場合、熱で発火する場合があります。
それを防ぐために、天井には不燃性素材を使用した対策が効果的です。
また、煙の発生を防ぐスプリンクラーなどの設置行うことで、フラッシュオーバーを予防することも大切です。

・可燃性の物量の制限をする

フラッシュオーバーは前述の通り、可燃性物質が多いと、その分起きる可能性が高くなります。極力、不燃性・防火性の物を使用し、建物全体の可燃性物質の量を減らしましょう。

・防火扉を設置し、開口部を制限する

防火扉は、炎が燃え広がるのを防ぐと同時に、煙の進行も防ぎます。
防火扉を閉めることで、火災が起きた時にフラッシュオーバーを防ぐことが出来るでしょう。ただし、防火扉を閉めて延焼を防ぐと、バックドラフト現象が引き起こされる可能性が上がります。
防火扉を閉めて避難した際は、必ず消防士へその旨を伝えるようにしてください。

フラッシュオーバーとバックドラフトのまとめ

フラッシュオーバー

・局所的な火災が、数秒~数十秒程の短時間に一気に拡大する現象の総称
・煙の流れに沿って発生するので、天井部など煙が行きやすい場所は特に発生しやすい

バックドラフト

・密閉された空間に充満している可燃性ガスが、外部から一気に流れ込んできた酸素により爆発的な燃焼を起こす
・一見鎮火したように見えるが、密閉空間には可燃性ガスが蓄積しているケースが多々あるので要注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です